私なりの接し方を綴っています。

突然の動悸は更年期障害が原因?

更年期障害 動悸

何も運動などしていないのに、急に心臓がドキドキして苦しくなることはないでしょうか。急に起こると不安になってしまいますが、これは更年期障害による動悸かもしれません。本来運動後に起こる動悸ですが、更年期障害の場合は普通にしていても急に起こることがあります。

また、人によっては寝ているときに動悸が起きて目が覚めるということもあるようです。心臓の病気かと不安になることもあるでしょう。これも自律神経の乱れが原因でおこることですので、対策としては自律神経を落ち着かせるように、生活習慣を整えることが必要です。

また、動悸が起きたときは、慌てずにゆっくり深呼吸して呼吸を落ち着かせます。焦って激しく呼吸すると、過呼吸になってしまうこともあるので、落ち着いて深呼吸をくりかえしましょう。気分を穏やかにすることで、動悸が起こりにくくなることもあるので、普段から気持ちを穏やかかに保ち、リラックスできる時間を作るようにするといいですね。

ストレスをためないことも大切です。とはいえ、あまりにも動悸がひどい時や、他にも不安な症状がある場合は、心臓の病気である可能性も否定できませんので、病院で相談してみましょう。更年期障害が原因だとはっきりすれば、より落ち着いて対処できるようになります。

関連記事