私なりの接し方を綴っています。

その口臭の原因も更年期障害かも

更年期障害 口臭

更年期になって口臭がひどくなった、という人は意外と少なくありません。しかも、それまで口臭なんて悩んだこともないのに、急に口臭がするようになって戸惑っている人もいます。実はその口臭も更年期障害が原因かもしれないのです。

更年期障害は、閉経によってホルモンバランスが乱れ、その影響で自律神経にも乱れが生じます。この自律神経の乱れは体の各所に関係してきますが、実は唾液の分泌も自律神経の働きのひとつ。つまり、自律神経が乱れることで唾液の分泌が減り、唾液が不足すると口の中で雑菌が繁殖しやすくなるので、口臭がするようになるというわけです。

しかも唾液が少ないと虫歯にもなりやすくなるので、更年期障害の時期は虫歯にもちゅういしなければなりません。対策としてはやはり歯磨きなどで口の中を清潔に保って、雑菌の繁殖を抑えること。

練り歯磨きだけでなく、うがい式のものを併用するのも雑菌対策にはいいですね。また、唾液がすくないぶん、口の中が乾燥しないように、こまめに水分をとるのもよいでしょう。この場合もジュースなどでは余計に歯に悪いので、殺菌成分のある緑茶などをこまめに飲むのがおすすめです。

口臭はすぐになくなるものではありませんが、ケアを続けることで徐々に改善することは可能です。

関連記事