私なりの接し方を綴っています。

更年期障害による薄毛対策

更年期障害 薄毛

更年期障害はだいたい45歳から55歳くらいになる人が多いのですが、この時期には女性も薄毛になりやすくなります。これは、閉経に近づいて卵巣機能が低下することによって、女性ホルモンの分泌が減少するためです。

男性に比べて女性の薄毛は話題になることは少ないですが、女性も更年期になると髪の毛は少なくなるため、悩む人もすくなくありません。髪質にもよりますが、毛量が減るとどうしてもボリュームがなくなって、老けた印象になってしまうからです。

また人によって髪の毛が薄くなる場所も違い、髪全体が薄くなる場合もあれば、生え際が薄くなったり、中には円形脱毛症になる人もいます。やはり改善策としては、食事の内容を見直して、イソフラボンなどを積極的に摂るようにしたり、頭皮の血流を促すようにマッサージを習慣にしてみましょう。

頭皮をマッサージして血行を促すことで、髪の毛を増やすだけでなく、栄養がしっかり行きわたることで、1本1本が元気になって髪にコシを出すことができます。また、シャンプーをしっとりするものからハリがでやすいものに変えるなど、髪質の変化に合わせてヘアケアも変えることが必要です。

頭皮の状態も以前とは違う可能性がありますので、シャンプーなどが合わないと思ったら、早めに違うものに替えるようにしましょう。

関連記事