私なりの接し方を綴っています。

更年期障害とうつ

更年期障害 うつ

うつ病はどんな年代の人でもなり得る疾患ですが、更年期障害によってうつのような症状が現れる人は少なくありません。気分が落ち込んで何もやる気にならなかったり、どうしようもなく悲しくなってしまったりと、自分でもどうしてそんなに気分が落ち込んでしまうのかわからないのも更年期うつです。

これは閉経を控えて卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減少することが原因で、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされると考えられています。こうしたホルモンバランスの乱れは、妊娠出産や、生理の時にもなりやすく、産後うつになったり、PMS(月経前症候群)などの形で現れることもあります。

産後うつやPMSの経験がある人は、気分がホルモンバランスの影響を受けやすい可能性があるので、更年期うつにもなりやすいかもしれません。この更年期うつは、閉経してホルモンバランスがその状態で安定してしまえば落ち着くのですが、それまでの数年間は続くため、その期間はあまり無理をせずに過ごすようにしましょう。

ストレスは症状を悪化させますし、周囲からのプレッシャーもよくありません。栄養バランスのある食事をきちんととり、規則正しい生活を続けて少しでもホルモンバランスを整えることも大切ですよ。

関連記事