私なりの接し方を綴っています。

更年期障害で起こるめまい

更年期障害 めまい

更年期障害の症状として、めまいを感じる人はすくなくありません。このめまいも更年期障害が原因だと考えられますが、実際には明確な原因がわかっているわけではなく、病院で診察を受けると、メニエール病などめまいを引き起こす病気を疑った検査を行い、原因が見つからない場合には更年期障害によるめまいが疑われるということらしいです。

更年期のめまいは人によっていくつかのタイプがあって、グルグルと周囲が回転して見える回転性のめまいや、ふわふわ浮いているような感じが長く続く浮動性めまい、立ち上がった瞬間にクラッとくる立ちくらみなどがあります。

立ちくらみなどは、更年期になる前から体験したことがある場合は、頻度が増えたな、と思うくらいですが、回転性のめまいや浮動性のめまいは、ひどい人は立っていることも難しいくらいですし、車酔いのように気分が悪くなってしまうこともあるので、かなり不快な症状になります。

そんな時は、倒れては危険なので、ゆっくりその場にしゃがんで、無理に立とうとしないことです。時間がたてば治まることも多いので、しばらく安静にしておきましょう。頻繁にめまいが起こる場合は、病気の可能性もありますので、病院で診察を受けてみたほうがいいかもしれません。

関連記事