私なりの接し方を綴っています。

更年期障害で湿疹ができる?

更年期障害 湿疹

更年期障害の症状のひとつに、肌あれがあります。かさつきや湿疹、乾燥など、今までとは肌の状態が全く変わってしまったと悩む人は少なくありません。ひどいかゆみにかきむしって、どんどんひどくなってしまうこともあります。

こういった肌荒れの原因は、肌の乾燥です。更年期になると、エストロゲンという女性ホルモンが減少しますが、このエストロゲンには肌の潤いを保つ効果があるため、急に減ってしまうと肌が乾燥してさまざまなトラブルを引き起こすのです。

湿疹もその症状のひとつで、かゆいとつい掻いてしまいますが、乾燥した肌を掻くのは刺激になってしまってさらにひどくなるので、掻くのは厳禁です。エストロゲンがすくなくなったぶん、いつもよりもしっかり保湿をして、肌の水分が失われないようにガードしてやりましょう。

年齢が高くなると皮膚が薄くなるので、ただでさえ水分を保持するのは難しくなります。化粧水の後にはかならず乳液やクリームをつけて、せっかく潤った肌から水分が失われないようにしてください。また、できれば顔だけでなく体も保湿をすることで、かゆみや湿疹はある程度防ぐことができます。

全身に塗るのは大変ですが、かゆみの出やすい部分だけでも、保湿する習慣をつけましょう。

関連記事