私なりの接し方を綴っています。

更年期障害はいつから始まるの?

更年期障害 いつから

更年期障害がいつから始まるかは、人によってかなり違いがあります。そもそも、更年期とは、閉経を挟んだ前後の約10年間をいうので、閉経のタイミングによって更年期の時期も違うわけです。

いつ閉経が始まるかは事前にはわかりませんから、だいたいその5年前に始まる更年期も、わからないうちに始まってしまうことになります。ただ、統計的にはたいだい閉経は50歳前後ということなので、更年期に入るのは45歳前後という人が多いのではないでしょうか。

閉経の5年前くらいから、徐々に体は閉経になる準備を始めて、エストロゲンという卵巣ホルモンがでにくくなります。エストロゲンが不足すると、脳はそれを察知して、もっと分泌するように指令を出しますが、卵巣機能の衰えにより十分な量の分泌ができませんから、脳は指令と実際の分泌量にずれがあることに混乱をきたして、自律神経に乱調を起こしてしまうのです。

こうして徐々に更年期障害が出るようになるのですが、卵巣機能が衰えても自覚症状があるわけではありませんから、なかなか更年期障害の始まる時期を判断するのは難しいですね。人によっては生理不順が続くようなので、これまで順調だった人が生理不順になったら疑ってみてもいいかもしれませんね。

関連記事