私なりの接し方を綴っています。

更年期障害は何歳くらいでなる?

更年期障害 年齢

更年期障害になる年齢は、人によって違いがあります。更年期というのはそもそも閉経の前後5年間の合計10年間を指すことが多く、閉経になる以上更年期は必ず誰にでも来るのですが、更年期障害がいつ来るのか、どのくらいの間続くのかは個人差が大きく、必ずしも統計通りになるわけではないのでなってみないとわからないのです。

閉経年齢の平均はだいたい50歳くらいなのですが、それも人によって差がありますし、閉経の定義が生理が1年以上なくなることなので、実際には1年以上たってみて初めて閉経だったときづくわけです。

早い年齢で生理が始まったからといって閉経も早いわけではありませんし、生理不順だから早いというわけでもありません。それくらいタイミングのわかりにくい閉経ですからそれより以前に始まる更年期障害の年齢はわからなくて当然でしょう。

ただし、統計的には45歳前後から始まる人が多いので、それくらいの年齢になってから体の不調を感じるようになったら、更年期障害を疑ってみることも必要です。もちろんほかの病気の可能性もありますから、なんでも更年期で片づけてしまわずに病院で診てもらうことも大切ですが、更年期だから仕方がない、と思うだけでも気分は楽になりますよ。

関連記事