私なりの接し方を綴っています。

更年期障害の過ごし方

更年期障害 過ごし方

更年期障害の特効薬はありません。もちろん病院に行けば診断はしてもらえますし、ホルモン剤などは処方されることもありますが、それでも完全に症状がなくなることはないでしょう。しかし、逆に考えれば更年期障害は一定の期間だけのもので、それを乗り切ってしまえば必ず治ります。

ですからそれを信じてその期間が過ぎるのを待つという人が大半ではないでしょうか。イライラしたり、うつのようになったりやる気が出なかったりといった精神面での症状は目に見えないため、他の人からも理解されにくく、家族に怠けていると言われて辛い思いをする人は少なくありません。

また、普段きちんとしている人ほど、やる気がおきない自分にイライラして、余計に落ち込んでしまうという悪循環に陥る場合もあります。この期間は『更年期障害だから』とあきらめて、少しでも体が楽に過ごせるように心がけましょう。

家族の理解も大切で、できるだけサポートするべきですし、『怠けているのではなく更年期障害なんだ』とわかってあげるだけでもずいぶん気持ちが軽くなるようです。理解があられない場合は、病院に行って診断してもらうことで、家族や周囲に理解してもらうのもいいかもしれませんね。

関連記事