私なりの接し方を綴っています。

更年期障害で頭から汗が出る!

更年期障害 頭から汗

更年期障害の症状に、のぼせや発汗があります。これは更年期障害の症状としては極めて一般的なもので、多くの人に見られる症状です。顔や手足がほてって暑くなり、顔や頭から汗がでます。

ちょっと汗ばむ、という程度ではなく、ダラダラと流れるくらい大量の汗が出るのが特徴です。真冬の寒いところではさすがにそんなことはありませんが、家族が全く暑いと感じないところでも、一人で暑い暑いといって汗を拭く姿に驚き、私は母の更年期障害に気づいたのです。

こののぼせはホットフラッシュともいいますが、痛みなどはないものの、本人としてはかなり面倒な症状です。ところかまわず汗が出るので大変ですし、化粧も崩れやすくなります。私の母は普段からきれいに化粧をしている人なので、本当に嫌そうでした。

ただし、原因が更年期障害である以上、対策としては自律神経やホルモンバランスを整えるしかなく、食生活を見直したり病院で自律神経に効く薬やホルモン剤を処方してもらうのが一般的です。

それで完全に収まるわけではありませんが、その代わりほてりや汗以外の症状も少しずつ治まる可能性はあります。無理をしないようにして、ストレスを減らすことも、ホットフラッシュを抑えるためには必要でしょう。

関連記事