私なりの接し方を綴っています。

更年期障害でヒステリックになってしまう

更年期障害 ヒステリック

更年期障害になると、イライラする人が多くなりますが、そのイライラが他人に向かうようになると、ヒステリックに怒ったりすることが増えてしまいます。自分でもどうしてこんなにヒステリックになってしまうのかわからず、怒った後に後悔する人も多く、それでイライラしてまた怒ってしまってという悪循環を繰り返すことも少なくありません。

また、ヒステリックになる相手は家族であることが多いのですが、理不尽にヒステリックな言い方をされるのは更年期障害とわかっていてもいい気はしませんし、更年期障害だと気づいていなかったらなおさら腹が立って喧嘩になってしまい、家族の関係が悪くなることもあるのです。

まずは、本人も家族もイライラやヒステリーは更年期障害が原因だということを理解し、病院でホルモン剤などを処方してもらったり、サプリメントを利用して症状を抑えることを心がけましょう。食事の内容を見直して、イソフラボンなどがしっかり摂れるメニューにすることも大切です。

また、イライラが募ってヒステリックになってしまうのは仕方がありませんから、気持ちが穏やかな時にそのことについて話をして、『そういうときもあるけどごめんね。』と声をかけるだけでも、家族はかなり協力的になれると思いますよ。

関連記事